特定非営利活動法人 イージェイネット(Ejnet)

医療業界の就労環境改善や、適正な人材評価が行われるための仕組みづくりをお手伝いします。

2013年/野村理事が私立医大への助成拡大要望で記者会見

NPO法人イージェイネット理事の野村恭子氏が、2013年7月8日に以下の内容で記者会見を致します。

【題名】
「全国私立医大同窓会連絡会:私立医大付属大学病院の院内保育施設への助成公費の拡充に関する要望」

【日時】
7/8(月)、15:30~

【場所】
中央合同庁舎5号館9階 「厚生労働記者会」

【発表者】
吉野 肇一 氏
(全国私立医科大学同窓会連絡会第23回全国会会頭、
慶應義塾大学医学部同窓会(三四会)評議員会議長、
国際医療福祉大学病院消化器科教授、
元・慶應義塾大学看護医療学部長・大学院健康マネジメント研究科委員長)

池田美智子 氏
(慶應義塾大学医学部同窓会理事、
慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室同窓会会長、 
池田耳鼻咽喉科院長、
Dr.MOM Nursery School<女性医師のための保育園>園長)

野村恭子 氏
(帝京大学 公衆衛生大学院 准教授
帝京大学 医学部 衛生学 公衆衛生学教室 講師
帝京大学女性医師・研究者支援センター室長
NPO法人イージェイネット理事)


<野村理事よりのメッセージ>
われわれ私立医科大学29校(全国医学校80校)が保育調査を自校に対しておこなっ
たところ、国立に比べまだまだ充足しておらず、施設あたりの赤字額が大きいことが問
題としてあがりました。全国病院長会議の資料によれば、女性医師は国立に比べ私立大
学で多く、私学における助成金拡充が必至との結論にいたりました。
Ejnet 入会案内
HOSPIRATE 病院の就労環境評価・認定サービス
メルマガバックナンバー
熱中症予防 声かけプロジェクト(JEC)
ひと涼みスタイルBOOK